« 『トリニティ・ブラッド』12「THE IBLIS I. EVENING VISITORS」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』16「出会い」 »

2005年7月23日 (土)

『ぺとぺとさん』02「特定種族」

 手乗りぬりかべ・こぬりちゃんの比類無き愛らしさに目が行きがちだか、世界観はなかなかにハード。

 冒頭の前田の「貧乏人!」。シンゴ妹の「最低じゃん、妖怪なんかと」。こぬりとぺとったぺと子を見る周囲の目など、あからさまな差別が描かれている。
 特に、特定種族が多いクラス(=特定種族には良い環境)にも関わらず前田が公然と暴言を吐けるという事実が怖い。

 こういう描写があるから、赤沢(妖怪れろれろ)がクラスメイトを頼みとせず、一人『戦う』という思考に走るのも納得が行く。
 さらに、赤沢は特定種族に認定されていない(=特定種族とも共闘出来ない)という極めて弱い立場。
 「優等生」という人間側の基準での勝者になるべく努力するのも無理は無い。
 赤沢家が財政的に困窮している(特定種族は皆、財政難?)とくればなおさら。
 そこまで覚悟を決めて人間として頑張っても、妖怪れろれろの本性は抜けない(=人間としての社会生活が不可能)というオチは、酷く残酷。
 ぬりちゃんが「独自の情報ルート」を持っているのも特定種族としての生きる知恵か?

 この重さを和らげているのが可愛らしいキャラクター。
 その冷え冷え体質から、涼を取る女子に囲まれ百合ハーレム状態のぬりかべ・ぬりちゃん。
 そして、存在自体が卑怯なほど可愛い妹・こぬりちゃん。
 あの小さな体と短い足で、ぺと子のストーキングを続けていたこぬりちゃん。どれほどの好意がそれを可能にしたのか?
 将来性絶大の百合っ娘!

 こぬりちゃんという破壊力絶大のパンチ力だけでなく、よく考えられて作られた世界設定とキャラ……もしかすると今期のダークホースか?

|

« 『トリニティ・ブラッド』12「THE IBLIS I. EVENING VISITORS」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』16「出会い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5098388

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぺとぺとさん』02「特定種族」:

« 『トリニティ・ブラッド』12「THE IBLIS I. EVENING VISITORS」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』16「出会い」 »