« 『フルメタル・パニック!TheSecondRaid』03「迷宮と竜」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』41「リフレイン」 »

2005年7月29日 (金)

『ぺとぺとさん』03「ミントもしくはラベンダー」

「そろそろ蓄えが底を尽きます」
「……さよか」
 団欒の席で交わされるヘビー過ぎる会話。
 青春・清貧Tシャツを着たぺと子の鳩村家は米・味噌にも事欠き、電気も止められる……もはや清貧ではなく赤貧、あるいは極貧。
 その割にはぺと子に逞しさが無く、余り貧乏慣れしているようには見えないのが不思議。
 施しを受けることに抵抗が無い辺り、貨幣経済に慣れてない?(作中、くぐる共々常識に欠ける描写があるし)

 片やぬりえ・こぬりの真壁姉妹はその特異な能力、コミュニケーション手段の割りには相当世慣れた常識人。
 姉妹揃って卓球の試合での乱入劇を止めようとしたり、ラーメン屋での騒動に困った顔をしたり。シンゴ宅での和気藹々具合を喜んだり……。
 便利な能力といい人間社会への知識と経験の深さといい、ぬりかべは他の特定種族とは格が違う?

 他の女性キャラ……くぐる、赤沢、前田、智恵の四名は揃いも揃ってツンデレ。そして、そのツンデレぶりが四者四様で全然被ってない
 デレが出たのは赤沢だけだが、唾液が糸を引くようなキス(とはちょっと違うが)をした後泣いて逃げたり、デレ一方にならない辺り、なかなかツボを押さえた描写。
 また、ツンデレ包囲網の渦中にいるシンゴが余り羨ましそうに見えないのがミソか?(くぐるや妹の智恵は口よりも手が出るし)

 さらに、今回舞台が妹率百パーセントの「女未の里」であることがまで説明されたが、「妹」としてのキャラ立ては物凄いブラコン故のツンデレという智恵が頭一つ抜けているか?
 ラーメンを食べる時、丼とは別に器を用意するお子様描写の割りに小学六年生という設定に吃驚。
 描写からして別に低学年でも良さそうなのに……小六というのはエロパロ喚起のためか? とも邪推したり。

|

« 『フルメタル・パニック!TheSecondRaid』03「迷宮と竜」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』41「リフレイン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5223129

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぺとぺとさん』03「ミントもしくはラベンダー」:

« 『フルメタル・パニック!TheSecondRaid』03「迷宮と竜」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』41「リフレイン」 »