« 『ぺとぺとさん』03「ミントもしくはラベンダー」 | トップページ | 『雪の女王』11「赤い靴」 »

2005年7月30日 (土)

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』41「リフレイン」

 Aパートはアスラン視点で「要するに悪いのはキラ」という流れ。Bパートはそれに対するキラの弁明集という作りの総集編。
 ただ、そのキラのモノローグに簡単に反論出来てしまう辺り、脚本と演出(それ以前にテーマ?)に問題がありそうな……。

 本来ならば、
「ラクスやカガリたちは一生懸命未来を切り開こうとしている。その努力を打ち砕こうとするなんて許せないじゃない」
 という感情を視聴者に感じさせるつもりだったのだろう。
 それを「主役」の口から言わせる程、取り返しの付かない所まで来てしまった。
 だいたい、キラたちが戦えるのもカガリやラクスが自前で私兵を養っていたから。キラたちに武力が無ければ前回のオーブ戦で片が付き「平和」になっていたはずだ。
 つまり、次回以降の戦いはキラ達がアクティブに戦争を仕掛けることになり、結果的にその準備をしていたことになるラクスとカガリはデュランダル議長の同類と見られても仕方が無い。
 純粋なまでに自己中のカガリは弟・キラとその仲間のために便宜を図ったとしても(それを善意からしたとすればカガリの政治センスはゼロを通り越してマイナス)、ラクスの方はガイアを持っていたりストライクフリーダムの開発を完了している辺り「最初からやる気満々だった」としか思えない。宇宙に上がってから(防衛のために)手配をしたとするなら入手が早すぎるのだ。ザクやグフなら強奪したとすれば良いが試作品と最新鋭機では説明が付かない。また、前者ならラクスシンパの提供としても、莫大な開発費がかかるであろう後者はラクス本人の指示無しとは考えにくい。

 それと、
「戦いじゃなく言葉だ。話し合いでわかりあえる道を探そうって」
 などと話し合いの姿勢を全く見せずに力尽くで戦場を支配し続けているキラに言われても困る。
 そもそも話し合いをしようとしたアスランのセイバーを問答無用で撃墜したのはどこの誰だったか?
 それによるアスランの権威失墜と発言力の低下がアスラン自身とAAを窮地に追い込んだという事実を想像出来ない辺り、キラは妥協し合いながら両者の言い分を詰める「話し合い」の本質をを理解出来ていないということだろう。
 単純に「戦い」よりも「話し合い」という言葉がイメージが良いから使っているだけで、それを行使することをまるで考えてないのではなかろうか?

 それはともかく、総集編だけあって
「強すぎる力はまた争いを呼ぶ」
 という、カガリのシリーズ序盤の台詞が登場。
 今から振り返ると、AAやフリーダムをいつでも戦闘可能な状態にして隠匿していた奴が何を言う? というものだが、カガリの父親は父親で超強力MSを開発・隠匿していたので、この親子は自分の言動を棚に上げて、他者を批判するという血筋なのだろう。
 ただ、この台詞をわざわざ入れた理由がわからない。入れなければ忘れていたのかもしれないのに、わざわざ構成のおかしさを再認識jさせるなんて。
 それとも、スタッフはこれがおかしくないと思える感性なのか?
 色々な意味で謎が残る……。

|

« 『ぺとぺとさん』03「ミントもしくはラベンダー」 | トップページ | 『雪の女王』11「赤い靴」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5244306

この記事へのトラックバック一覧です: 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』41「リフレイン」:

« 『ぺとぺとさん』03「ミントもしくはラベンダー」 | トップページ | 『雪の女王』11「赤い靴」 »