« 『ゾイドジェネシス』18「合流」 | トップページ | 『D.C.S.S.』06「美春への手紙」 »

2005年8月 9日 (火)

『エレメンタルジェレイド』19「石ころの想い」

 フィロ編その3。今週でフィロ死亡かと思いきや、まだまだ引っ張る引っ張る。

 エディルレイド(それも特別たる七煌宝樹)のレンに対して消耗品扱いのスティンレイドのフィロが負の感情を抱くのは当然の感情だろう。
 おまけに、たった一つ優位に立てたと思えたクーとの恋愛もあっさり負けては──それも何の努力もしていないレンに勝たれてはフィロの立つ瀬が無い。ましてや、フィロはレンに「綺麗」と褒められている。これも、後が無いフィロにとっては持てる者の余裕の言葉(あるいは哀れみの言葉)になってしまうだろう。
 何しろ、フィロはレンと差しで話し合い、レンがクーの恋人でないことを確認した上でクーと恋人になってもいいかと尋ねておりレンはそれに承知している。つまり、フィロが筋を通した途端、今までクーに興味を持っているように見えなかったレンがいきなり動き電光石火の早業でクーをモノにした形になっているのも結果としては最悪。
 レンが天然であり、他意は無い……というのは彼女をよく知るものにしか通じないだろうし、今回は十分クーを取る気があったので尚更。
 何より、まるでエロゲーの主人公並に表向きには八方美人ながら、肝心な時には無思慮なクーの言動がとどめ。
 また、(腹が減ってない限りは)よく気が付き面倒見もいいキーアが唯一異分子たるフィロを色々とフォローはしていたようだが、今回ばかりは彼女の善意(フィロに悔いが残らないようにと薦めたこと)が裏目に出ている。

 ここまで可哀想な状況に追い込まれたフィロ。次週、果たしてどれだけ女を上げ、なおかつ花と散るかを一薄幸マニアとしては期待せずにはいられない。

|

« 『ゾイドジェネシス』18「合流」 | トップページ | 『D.C.S.S.』06「美春への手紙」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5382942

この記事へのトラックバック一覧です: 『エレメンタルジェレイド』19「石ころの想い」:

« 『ゾイドジェネシス』18「合流」 | トップページ | 『D.C.S.S.』06「美春への手紙」 »