« 『エレメンタルジェレイド』22「葬られし伝説」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』09「八歳の翁 百歳の童」 »

2005年8月31日 (水)

『バジリスク甲賀忍法帖」21「魅殺陽炎」

 タイトルに反して陽炎、お福一党の衆人環視中天膳に弄ばれるの回。
 それにしても天膳の死に芸は「いい加減に死ね」と「さすがはうっかり天膳、良い死に芸!」の境を彷徨う微妙な演出。一回や二回生き返るだけなら「凄い」と思えても三回も四回も五回も生き返られると「凄い」以前に「弱い」「マヌケ」「鬱陶しい」という印象が加味されるから仕方が無いのだけれど。(そんな天膳の死に芸もおそらく次回で見納め)
 それにしても、天膳自身の口から「うっかり」の言葉が出るとは……多少は自覚があったということか? 同時に信長の伊賀攻めに関与(首謀?)していたこともサラリと言ってのけたが、原作に無いこの伏線は……たぶん重要視されないだろう。何より後、二話しか残っていない。
 一方、その天膳に変装してしまったことで槍ぶすまの中、息絶えるという壮絶な死に様を迎えたあにさま。
 ここで刑部のような長々とした回想シーンで話の腰を折らなかったのは正解。今まで主役二人とは比べ物にならないくらいほど心理描写が多かったあにさまに死の間際に何かを悟られたりしたら完全に主人公と化してしまい、これから起こる弦之介と朧の最終決戦より印象が強くなってしまう恐れがある。主役二人の葛藤は恋愛が基盤なのでどうにも弱いというか、なんのかんのと言いつつ乳母日傘な扱われ方をしているので常に最前線で敵味方の生死を見てきたあにさまに説得力で勝てようはずも無いし……。
 

|

« 『エレメンタルジェレイド』22「葬られし伝説」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』09「八歳の翁 百歳の童」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5716746

この記事へのトラックバック一覧です: 『バジリスク甲賀忍法帖」21「魅殺陽炎」:

» バジリスク~甲賀忍法帖~ [好きなものを好きと言える幸福]
第21話 魅殺陽炎 いやあーーーーーーーーーっ!!!!!左衛門殿がぁっ!!! う [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 11時25分

« 『エレメンタルジェレイド』22「葬られし伝説」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』09「八歳の翁 百歳の童」 »