« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』45「変革の序曲」 | トップページ | 『雪の女王』15「ハンスの挑戦」 »

2005年8月30日 (火)

『D.C.S.S.』09「枯れない想い」

 ついにことりの出番が無くなる……やはりヒロインではなかったのか?
 今回の音夢と純一の不和にまるで動かなかったのは放って置けばどうにかなると思ったから、というのはさすがに無理がある。ことり及び、水輿姉妹、その他大勢は「このまま二人の仲が壊れてしまえ」と消極策攻勢に出たと考える方が妥当だろう。
 一方、唯一人事態解決に動いたアイシアは誤解から魔法の威力を再認識。
 これが今、再び桜の木の魔法の悲劇へと発展するなら、今度も元凶は音夢ということに……。などと考えるわたしはもちろんさくら派なわけだが、その偏見を差し引いても音夢の描写は「嫌な子」のように思える。アイシアのキャラを立てるため……という効果はあるにはあるので満更意味は無いと言えないのだけれど、あまり巧い手とは思えない。前作では、原罪を背負ったさくらと相対することで音夢の性格的問題が相殺されたわけだが、本作では他キャラが薄い(どころか出ていない)ので音夢の性格の悪さばかりが目立ってしまっているわけだし……。

 それはそうと、今回キーパーソンとなった美咲は頼子さん(猫モード+亡霊モード)でも良かったような出番と役割のような?

|

« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』45「変革の序曲」 | トップページ | 『雪の女王』15「ハンスの挑戦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5700958

この記事へのトラックバック一覧です: 『D.C.S.S.』09「枯れない想い」:

« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』45「変革の序曲」 | トップページ | 『雪の女王』15「ハンスの挑戦」 »