« 『ガラスの仮面』21「炎のエチュード」 | トップページ | 『愛してるぜベイベ★★』23「おべんとふたつ」 »

2005年9月 2日 (金)

『極上生徒会』22「極上札戦闘」

 カードゲームの設定に不平がある、りの+遊撃部(除く香)VS隠密部+その他によるカードバトル。
 能力設定が隠密>遊撃なのは当然というか、隠密の洒落にならない実力を隠すために学芸会レベルの遊撃を囮代わりにおいているのか? と思わせるほど隠密は要らない子扱いが目立つ。(小百合は剣客設定だが、所詮はギャグキャラなので唯一人、馴れ合わないでシリアスをやっている琴葉辺りに敵うとは到底思えない)
 その隠密の有力株たる香の裏切り(当人は裏切っているつもりは無い)が洒落になっていない。というか……未来の予測図?

 それはともかくカードバトルは後出しジャンケン(それも無意識)。これでは「何だか知らないけれど奇跡の力が発動」というモノと手法は同じなのでどうにもぱっとしない。カード勝負の場合、イカサマを仕掛ける側と見抜く側の心理戦にすると面白くなるのだけれど。……というか、こういう話こそイカサマ師という特徴しか無いれいんの活躍回のはずだと思うのだが……やっぱり、遊撃は要らない子か? 不憫。
 

|

« 『ガラスの仮面』21「炎のエチュード」 | トップページ | 『愛してるぜベイベ★★』23「おべんとふたつ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/5746679

この記事へのトラックバック一覧です: 『極上生徒会』22「極上札戦闘」:

« 『ガラスの仮面』21「炎のエチュード」 | トップページ | 『愛してるぜベイベ★★』23「おべんとふたつ」 »