« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』50「最後の力」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』26「霧の河」 »

2005年10月 4日 (火)

『D.C.S.S.』14「心の扉」

 今まで半放置プレイ状態だったことりがようやく話に入り始める。
 空気読みすぎのことりらしからぬ、朝倉兄が好き発言。真っ先にフォローを入れる眞子はさすがだが、まったく気が付いていない朝倉兄妹もさすがと言えばさすが。
 音夢にはああいう持って回った言い方はダメで、「音夢ちゃんはずるい!」とさくらのように真正面から喧嘩を売らねば気が付かないということか? アイシアですら気が付いていたというのに。
 そして、そのアイシアになぜか本心を吐露したことり。ここも彼女らしくないが、内心相当自棄になっていたということか? また、それを聞いたのに短絡的に行動しなくなったのはアイシアの成長の証か?
 問題はアイシアがことりに付くのかということ。アイシアは音夢に味方する義理も無いが、ことりとそれほど仲が良いわけでもないのでどうとでも転ぶ。もし、アイシアがことりの味方をすれば、音夢は二連続で魔法使いに敵対されることになるわけだが、半ば自己崩壊したさくらと違って弱味が無いアイシアにどうやって対抗するのだろう? アイシアに対抗可能な魔法使い・さくらの出番か? ただ、さくらもまた音夢の味方をする義理が無いし……。

|

« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』50「最後の力」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』26「霧の河」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/6241912

この記事へのトラックバック一覧です: 『D.C.S.S.』14「心の扉」:

« 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』50「最後の力」 | トップページ | 『ゾイドジェネシス』26「霧の河」 »