« 『capeta』02「オレのカート!」 | トップページ | 『魔法少女リリカルなのは』(都築真紀/メガミ文庫) »

2005年10月12日 (水)

『魔法少女リリカルなのはA's』02「戦いの嵐、ふたたびなの」

 なのは救援のフェイト組とヴォルケンリッター組の戦力差が二対一→二対三→三対三→三対四→四対四と移り変わっていくことで戦況がひっくり返っていく様が面白い。個々の戦力ではヴォルケンリッター組が上でも数の劣勢を覆すほどの滅茶苦茶な強さではないという辺りのバランスが良い感じ。
 一連の戦いで目を引いたのマスターとインテリジェントデバイスたちの美しき絆。
 シグナムのレヴァンティンを受けバルディッシュをボロボロにしながらも第一線を死守し続けたフェイト。バルディッシュがそれでも頑張れる子であることは前シリーズの12話の名シーンで熟知しているわけだから、当然。(ダメージを受けつつもフェイトの防御を欠かさない辺り健気なバル)また、この信頼関係はクライマックスのなのはとRHにもかかっているのだろう。
 そのRH。「Trust me my master」は卑怯。半壊状態ながらも最後の切り札たる役目を果たそうとするRHと、シャマルのえげつない攻撃を受けつつも、それでも死力を振り絞ってスターライトブレイカーを撃つなのは。主従揃って男前。
 しかし、シャマルの遠隔心臓掴みはエグイというか、暗殺手段としては回避しようが無いとんでもない技。胸から手が生えているという映像的インパクトも大きいし……。おかげで敵が目の前にいることを忘れて驚愕の叫びを上げつつなのはの元に向かおうとするフェイトという珍しいものを見れたわけだが。(ヴィータ戦時のなのはを一顧だにしない冷静さと好対照)

 戦闘以外で感心したのは八神家の生活導線がちゃんと車椅子前提のものにしてあること。一話ではやてが車椅子からベットに移る動きがリアルだったことからも想像しえたけれど、相変わらずこのスタッフは地味な所も丁寧に作る。(その代わり、普通の萌えシーンは前作と同じく手を抜くのだろうか?)

|

« 『capeta』02「オレのカート!」 | トップページ | 『魔法少女リリカルなのは』(都築真紀/メガミ文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/6360699

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法少女リリカルなのはA's』02「戦いの嵐、ふたたびなの」:

» リリカルなのはA‘s 第2話 [鷹2号の観察日記]
 今回も戦闘がメインの話。闇の書の守護騎士ヴォルケンリッターの残りの仲間が参戦。 [続きを読む]

受信: 2005年10月12日 (水) 10時53分

» 魔法少女リリカルなのはA’s #2 [パズライズ日記]
それは、小さな願いでした 望んだのは静かな日々 待っていたのは、遠く離れた大切な友達との再会 だけど、訪れたのは突然の襲撃者 出会い、戦い、大きな力 運命が、今静かに動き始めて 嵐の中でも、心を繋げた絆を信じて 夜、電話で会話するアリサとす....... [続きを読む]

受信: 2005年10月13日 (木) 07時28分

» 魔法少女リリカルなのはA's #2 戦いの嵐、ふたたびなの [木下クラブlog]
なのはとフェイト、互いに頬染めあう百合からスタートする今週のリリカル。相変わらずOPには聞き入ってしまいますね、種とは大違いだ・・・まあ最近はシングルは滅法買わなくなってしまったのでアルバム待ちなわけですが。次はいつですかね???... [続きを読む]

受信: 2005年10月13日 (木) 20時26分

» [魔法少女リリカルなのはA's]第2話 戦いの嵐、ふたたびなの [もえろぐ]
「魔法少女リリカルなのはA's」第2話です。 いよいよ第2話~~^^v リリカル☆パーティSPで1話を見てから3週間弱。 待ちに待っていましたです。 さて、第2話本編の冒頭は すずかちゃんとアリサちゃんが電話でお話中。 フェイトちゃんが帰ってくるってことで お迎えイベントについて盛り上がってます。 シーンが変わって 一足先に再開を果たしたなのはちゃんとフェイトちゃん。 フェイトちゃんの降伏勧告を突っぱねるヴィータ。 ビルの外へ飛び出していきます。 フェイトちゃんも... [続きを読む]

受信: 2005年10月14日 (金) 08時48分

« 『capeta』02「オレのカート!」 | トップページ | 『魔法少女リリカルなのは』(都築真紀/メガミ文庫) »