« 『おねがいマイメロディ』33「みんな来てくれたらイイナ!」 | トップページ | 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 »

2005年11月14日 (月)

『地獄少女』06「昼下がりの窓」

 伊藤美紀氏vs篠原恵美氏……とか書くとまるで紅薔薇ファミリーの内紛のようだ。白薔薇(能登氏)もいるし。娘役が斉藤千和氏でなく、一話の主人公だった植田香奈氏だったら良かったのに。
 まあ、話の内容はいつも通り「警察へ行け」で済むあたりが何とも。ただ、いわゆる社宅(団地)モノのパターンだったり、ドアをガンガン蹴ったり(これをやったら警察が呼べる)したり、シチュエーションが余りにアナクロ過ぎてギャグでやっているのかと思えてしまう。
 それとおばさんのエロ描写をする辺り、この作品の対象視聴者がますますわからなくなってくる。この話は、娘同士でやった方が(地獄通信に依頼するのは母親)サービスになったし、悲劇性も増したと思うのだけど。

|

« 『おねがいマイメロディ』33「みんな来てくれたらイイナ!」 | トップページ | 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/7111002

この記事へのトラックバック一覧です: 『地獄少女』06「昼下がりの窓」:

« 『おねがいマイメロディ』33「みんな来てくれたらイイナ!」 | トップページ | 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 »