« 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 | トップページ | 『capeta』07「エントリー!」 »

2005年11月19日 (土)

『新必殺仕置人』12「親切無用」

 中村主水、再び寅の会の競りに掛けられる。またまた大ピンチ……と言いたい所だが「問答無用」や「裏切無用」の頃とは違い鉄チームのチームワークの良さが前面に出ているので、良くも悪くも緊迫感はそれほどない。
 今回、主水の仕置依頼を咄嗟に競り落としたにも関わらず、特に主水を庇おうともしなかったのは、既に松や正八、おていらと主水が「仲間」となっている事を知っていたからか?(特に松は積極的に主水に協力しているし)
 その松はといえば、アジトに死神が来た時に主水の脇差を借りて迎撃に備えていた。松の竹鉄砲はあらかじめ(それも必要人数分)用意してないと使えないというのは、なかなかに難儀。何度も何度も火薬代でひぃひぃ言っているし。また、松の島帰りという設定もなかなかに巧く使われていた。

|

« 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 | トップページ | 『capeta』07「エントリー!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/7201230

この記事へのトラックバック一覧です: 『新必殺仕置人』12「親切無用」:

« 『D.C.S.S.』20「戻らない季節」 | トップページ | 『capeta』07「エントリー!」 »