« 『ARIA』06「その 守りたいものに…」 | トップページ | 『新必殺仕置人』08「裏切無用」 »

2005年11月10日 (木)

『魔法少女リリカルなのはA's』06「それは小さな希望なの(後編)」

 語られるヴォルケンリッターとはやてとの出会い。
 前作のフェイト。SS02のリニス、アルフ。そして、なのはA'sでの杖ズに引き続き、都築節得意の「健気な人外シチュエーション」が冴え渡り、完全にヴォルケンリッターたちが主役へと躍り出る。
 特に一番はやてに懐いているヴィータが美味しい。疲労困憊で前のめりに倒れつつ「痛くない、こんなのちっとも痛くない」と立ち上がり、「帰ったら、きっとあったかいお風呂とはやてのごはんが待ってんだ。優しいはやてがニコニコ待っててくれるんだ。そうだよ、あたしはスッゲー幸せなんだ。……だから、こんなの全然痛くねー」と再びリンカーコア回収に向かう様ときたら。
 一話で、ヴィータがなのはの攻撃に激怒したのも『はやてにもらった大事な騎士服を破られた』という事情を考えれば納得も行くし、ヴィーダのはやてへの愛情の深さもよくわかる。
 主のために、敢えて主の唯一の『お願い』を破る道を選んだヴォルケンリッターは、前作のフェイト同じく『話しても仕方が無い』状況。自分に可能な唯一にして最期の手段を最大限の努力で遂行するしかないほど追い詰められているわけだから。
 ヴォルケンリッターたちの必死の描写が描かれている反面、なのは陣営はどうにも戦う(関わる)理由が弱く、ヴォルケンリッターたちの邪魔をする敵役にすら見えなくも無い。ヴォルケンリッターたちが、はやてのために必要以上に他人への迷惑をかけないというスタンスを貫いているから尚更、そういう印象が大きい。

 ……まあ、冷静に見れば「はやての百合ハーレム?(わんこ含めず)」な状況なわけだが、リーダーのシグナムを筆頭とするヴォルケンリッターのストイックさと、何より主に尽くすのが美徳である「騎士」と設定しているがゆえに、ハーレムや擬似家族モノ特有の胡散臭さを感じさせないようにしているのが巧い。

 また、騎士服ははやてのデザインという事実が判明したわけだが……ヴィータのゴスファッションははやての趣味なのか? ヴィータの普段着は活動的なものばかりで、おそらくはこちらが彼女自身の趣味。だからこそ、はやてはヴィータに可愛い服を着せたいのかもしれない。
 しかし、食事シーンの握り橋、お風呂シーンでのはやてへの眼差し、ぬいぐるみを買ってもらった時の嬉しそうな顔、そしてボロボロになりながらもはやてのためにリンカーコアの回収に勤しむ姿……ヴィータはこの一話だけで、相当にキャラが立った。
 果たして、はやて、すずかといったメインキャラは彼女に負けない活躍が出来るのだろうか?

|

« 『ARIA』06「その 守りたいものに…」 | トップページ | 『新必殺仕置人』08「裏切無用」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/7023942

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法少女リリカルなのはA's』06「それは小さな希望なの(後編)」:

» リリカルなのはA‘s 第6話 [鷹2号の観察日記]
 A‘sの6話はヴォルケンリッターとはやての話とリーゼロッテ、リーゼアリアとクロ [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 03時42分

» 魔法少女リリカルなのはA's #6 [日々の記録]
ヴォルケンリッターが擬似人格だと判明したことは、フェイトのつらい記憶を思い出させ [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 09時19分

» 魔法少女リリカルなのはA’s #6 [パズライズ日記]
それは、小さな願いでした 何事も無い穏やかな日々 ただ静かに過ぎていく日々 何よりもいとおしかったその日々に 暗く、静かに落ちた影 運命という名の鎖を断ち切る力 この手に得ることが出来るのなら 全てを捨ててもかまわないと 誓いは夜天の星のもと こ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月12日 (土) 01時21分

» [魔法少女リリカルなのはA's]第6話 それは小さな願いなの(後編) [もえろぐ]
「魔法少女リリカルなのはA's」第6話です。 基本的にはアニメを見ながら記事を書いていますが 今回はまったく指が動かせませんでしたw 完全に見入っていたわけです^^; だって、初っ端からフェイトちゃんがバカな事を言い出すから・・w 前回のラストでヴォルケンリッターたちが人間ではないと説明をされ フェイトちゃんは自分と同じような存在なのかと言い出しますが・・ 間髪を入れずにリンディさんやクロノ君に 生まれ方が少し違っただけでちゃんとした人間だと改めて強く言われます。 まぁ... [続きを読む]

受信: 2005年11月12日 (土) 08時01分

« 『ARIA』06「その 守りたいものに…」 | トップページ | 『新必殺仕置人』08「裏切無用」 »