« 『D.C.S.S.』22「みんなの時間」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』24「死して屍拾う者なし」 »

2005年12月 8日 (木)

『D.C.S.S.』23「沈黙の夏」

 アイシアの魔法発動か? サポート部隊の本音がボロボロと。
 やはり美春以外のサポート部隊に取っては音夢はただの邪魔者でしかなかったという事実。そして、その美春も別に朝倉兄妹の仲を認めているわけではなく、単純に音夢が好きなだけ。
 誰一人として朝倉兄妹の仲を祝福していなかったというお寒い事実を赤裸々にしていったい話は何処へ向かうのか? たとえハッピーエンドっぽい締めをした所で、弾かれた多数は「今まで通りに」見せ掛けと本音は別物という印象を拭えないだろう。

 そして、この急場に一人遊んでいるさくら……やっぱり、本当はアイシアの魔法など何の効果も発揮しておらず、全員が示しを合わせて狂言をしているようにも見える。周りの連中に外堀を埋め立てられたことで朝倉兄妹も動揺し結果として魔法がかかったかのような心神喪失状態に陥ったとか?

|

« 『D.C.S.S.』22「みんなの時間」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』24「死して屍拾う者なし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124208/7530912

この記事へのトラックバック一覧です: 『D.C.S.S.』23「沈黙の夏」:

« 『D.C.S.S.』22「みんなの時間」 | トップページ | 『ぱにぽにだっしゅ!』24「死して屍拾う者なし」 »