« 2005年11月 | トップページ

2005年12月20日 (火)

『D.C.S.S.』25「ダ・カーポ」

 やはり、美咲の事は欠片も意識に無いアイシア。どうやらアイシアの言う「みんな」に美咲は入ってない模様。色々相談にもらったというのに薄情な……。

 また、格好を付けて現れたさくら。
 口では説教を垂れているものの特に行動に移してない辺り「音夢が苦しむ」という事態を回避する気が無い模様。
 もしかすると口とは裏腹に一番音夢を認めていないのはさくらであり、アイシアを出汁にせめてもの意趣返しをしようという魂胆?

 それはともかく、今シリーズでも当て馬扱いの眞子&ことり。特にことりは当初はメインヒロインだったはずなのにここまでの扱いをされると、人気No.1らしいことりの権威を失墜させるための企画として立ち上げられたのでは? と穿った見方をしたり。
 ところで、OPにも出ているピンクのクマは最後まで出番無しなのか? 中の人はナチャーソだというのに……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『D.C.S.S.』24「誓い」

 純粋な気持ち……まあ、「男が欲しい」=「性欲」は三大欲求の一つであるので、どんな高邁な理想よりも純粋ではあろうが、アレではどう見ても「桜の木が咲いたことで発情期を迎えた」としか思えなかったり。

 また、本当にアイシアを舐めきっていたさくら。
 ある程度は危険視していたはずなのに全く対策を立てていない辺り話の都合とはいえ、前作とはもはや別人と言ってよい程のマヌケに。
 そして、立場が逆転したことでさくらの動きをただ傍観しているだけのアイシア。桜の木の魔法はあくまでさくらの血族の魔法なのでさくらに邪魔される危険性を全く考慮に入れないというのも不思議。(実際、さくらが何も出来なかったというのはあくまで結果論に過ぎない)
 どうもこの作品のキャラはターン制で動いていて、キャラAのターンが終わるまでキャラBは動けないという決まりでもあるのではないか? という不思議な動きが目立つ……。

 それはそうと、アイシアは一番の理解者たる美咲の事をすっかり忘れているのだけれど……所詮、女の友情は性欲の前には無力なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

『ARIA』09「その 星のような妖精は…」

 伝説のウンディーネ、グランマ登場。されど、全くドラマにならないのがARIAのARIAたる所以。
 アリアカンパニーの面子が「天然」なのは社風だから良いとして(アリシアは偽天然っぽいが)問題意識がある藍華だけで、アリスがすっかり順応しているのは朱に交われば何とやらか? まあ、アリスの師匠はボケ体質なので、そちらの影響もあるだろうが。
 それはともかく、老人一人で田舎に隠居というのは一見様になっているが、実際は全く機械化されておらず力仕事だらけの環境はお世辞にも老人向けではない。まあ、グランマの場合は金も権威もありそうなので、画面上には出ていないものも女中軍団が控えているのかもしれないが。グランマの住居もどちらかというと「わざわざ作った」別荘地のようだし、老人一人の趣味としては畑が立派過ぎ。
 ……しかし、灯里すら知らないグランマと旧知のアリア社長。いったい幾つなんだろう、この謎生物?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ARIA』08「その 憂鬱な社長ったら…」

 西村ちなみオンステージ!と言っても良い程アリア社長の一人舞台。台本は「ぶぁいにゃ~」だらけだったのだろうか? しかし、料理までするアリア社長。この謎生物っぷりは留まる所を知らない。

 今回の注目点は、久々にアテネ登場……この人、アリシアや晃と並び立つ人のはずなのだが、全然絡みが無いのが不思議といえば不思議。弟子のアリスはいつもトリオで行動しているというのに。

 次いで、相変わらず注意力散漫の灯里。
 研修中は晃などによく指摘されているが、この子は目の前に変わったものがあるとフラフラと流れていくタイプか?
 良く言えば「好奇心旺盛」となるのだろうけど、アリア社長より猫っぽい性格というか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ARIA』07「その 素敵なお仕事を…」

 新人達の実地研修。
 事前に馴染みの客と打ち合わせて、というわけではなく、単にその日たまたま予約があった客に了解を得るという手法がチャレンジャー。
 それで通ると思っている晃の思考は三大妖精の一人である自信の表れか?
 謎なのは、ダブルのアリスとシングルの灯里、藍華の差。
 ダブルは操船研修。シングルはプリマと一緒ならお客を乗せての研修も有りと説明されていたはずだが、灯里、藍華共々特に客あしらいに慣れているように見えない所。
 おかげでいつのも増してアリスが三人の中で一番優秀に見えたり……。

 それはともかく、今回の新婚カップル。ウンディーネマニアの奥さんの方は、アテネを除く三大妖精とお近づきになれた上に、社長ズまで見れたわけでマニアとしては美味し過ぎる経験だったろう。
 旦那さんの方はマニアに引き摺られた素人そのものの哀愁っぷりが。それでも奥さんの趣味を理解しようとしている辺り、なかなか出来た人。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月14日 (水)

『ぱにぽにだっしゅ!』24「死して屍拾う者なし」

 恒例のパロ三昧は時代劇風味……水戸黄門や子連れ狼など誰でも知っていそうなネタは軽くスルーしているのに、なぜか『新必殺ぱにぽ人』こと『新必殺仕置人』のパロは異様に力が入っているのが不思議。
 Bパート冒頭は新仕置人のまんまのナレーションとタイトルだし、EDも新仕置人のEDと同じ夕陽をバックに滲んだキャスト・スタッフロール。念仏役の堀江氏は「起こし」(=大物の準主役の特権)処理するなど心憎い。
 さらに寅の会の仕置きの競りを忠実に再現されており(念仏が法外な安さの仕置料で落札する辺りも忠実)元締・虎と用心棒の死神も描かれている……スタッフの中に相当好きな人がいるのだろうか?
 新仕置人はLD、DVD化こそされているものの、主水シリーズにしては再放送に恵まれていないので一般の認知度(「仕置人」という名称と「念仏の鉄」というキャラはともかく)知っている人は多くはないだろうに。
 パロをする時受け手の認知を期待しないという作りは、いつものことながら良くも悪くも突っ走っている。
 ただ、念仏役を堀江氏=都というのはキャストの力関係では納得するものの、キャラとしてはメディアの方が近いのだけれども。(二面性のある長年の親友=ベホイミ→八丁堀という共通項もあるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

『D.C.S.S.』23「沈黙の夏」

 アイシアの魔法発動か? サポート部隊の本音がボロボロと。
 やはり美春以外のサポート部隊に取っては音夢はただの邪魔者でしかなかったという事実。そして、その美春も別に朝倉兄妹の仲を認めているわけではなく、単純に音夢が好きなだけ。
 誰一人として朝倉兄妹の仲を祝福していなかったというお寒い事実を赤裸々にしていったい話は何処へ向かうのか? たとえハッピーエンドっぽい締めをした所で、弾かれた多数は「今まで通りに」見せ掛けと本音は別物という印象を拭えないだろう。

 そして、この急場に一人遊んでいるさくら……やっぱり、本当はアイシアの魔法など何の効果も発揮しておらず、全員が示しを合わせて狂言をしているようにも見える。周りの連中に外堀を埋め立てられたことで朝倉兄妹も動揺し結果として魔法がかかったかのような心神喪失状態に陥ったとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『D.C.S.S.』22「みんなの時間」

 水着サービス回?
 前回のアイシアの逆ギレを華麗にスルーしている朝倉兄の神経はチタンか何かで出来ているのか?
 アイシアを舐めきっているさくらが無反応というのはまだわかるが、朝倉兄の鈍感ぶりはいつにも増して異常。
 また別段、事態が緊迫しているわけでもないのに朝倉兄妹の仲を修復しようと徒党を組み、それを見せ付けるサポート部隊の面々。
 この意図が謎。
 美春以外のサポート部隊の連中はお世辞にも音夢との仲が良いわけでもないのに、
 ここまで来るとさくらが音頭を取って全員が事前打ち合わせをしてアイシアを嵌めて、朝倉兄妹の仲を怖そうと画策しているのではないかと? 穿った見方をしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『capeta』10「タイムトライアル!」

 本作最高の萌えキャラ・社長再び。
 勝平太の失敗を理解出来たのは「ライバル」たる奈臣と社長だけ。
 奈臣は自身の卓越した技量から(=レース中の勝つ平太の動きから)、社長はその人生経験から勝平太の様子に気づくと、各々のアプローチの違いが面白い。
 そして、一番近くに居ながら相変わらず息子の心情が読めないお父ちゃん……。
 勝平太がレーサーの孤独を悟ったことにより、お父ちゃんとの距離はますます開いていくのだろうか? 逆にほとんど会話すら無い奈臣との距離はどんどん狭まっていく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『capeta』09「コースレコード」

 勝平太が走行中に愛車の特質を掴み、TOP、それもコースレコードを得るまでの過程をとにかく丁寧に描いた回。
 結果からすると天才肌なのだけれど描写に説得力があるので納得してしまう。
 その反面、萌えシーンをほとんど欠いてしまうことになったのは痛し痒しか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ