« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »

2005年10月 8日 (土)

『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

 BLOOD+の番宣のためか毎日放送の深夜映画枠で放送。米軍横田基地を舞台にしているからか日本製アニメなのに英語だらけで日本語で会話しているシーンが数えるほどしかないという異色作。
 吸血鬼モノのアニメにしてはかなり現実的な作り。主人公・小夜は日本刀を使うわけだが、その理由は刀の神秘性などではなく単に「一撃で敵に大量出血をさせられる得物」というだけのもの。劇中で調達した刀を切り掛かるまで模造刀と気づかなかったことからして、刀に対するこだわりも無く、戦闘のプロでも無いことかわかる。
 当然、その殺陣はワイルドで技術より力任せに叩き伏せている印象。「美少女」の戦い方として洗練さには程遠いが、模造刀と知った後でも捨てるでもなく刺突に使ったり、得物を失った後はスコップで戦ったりと喧嘩慣れしている様に凄味が滲み出て、その泥臭い戦いぶりが何ともいえない魅力になっている。
 小夜自身、そして得物からしても戦力が常人の枠を出ていないためか、敵対する吸血鬼もたいして超能力を持っておらず、知能の高い灰色熊程度の戦力か? クライマックスで飛行形態に変化した吸血鬼もかなり時間がかかっているし飛ぶ以外たいして芸も見せなかったので、それなりの装備をした軍隊を出せば狩れそうな雰囲気。
 まあ、一国の政府が隠密にイリーガルな工作員を使って対処する敵……という設定ではこれぐらいが妥当だろう。余りに強すぎたら「現実」が破綻してしまう。
 映画としてはアクション主体で、ストーリーは無いも同然なのでアクション以外の感想は余り無いのだけれど、終始緊張感に溢れていた小夜が、クライマックスでの今際の際の吸血鬼の口に向けて死に水代わりにか自分の血を滴り落とす時の柔和な顔が印象的。

 ところで、合間に何度もBLOOD+のCMをやっていたが、BLOODとの作風の違いが歴然としていて面白い。なまじBLOODがリアリティ重視だからかBLOOD+のライトさがチープに見えてしまうというか。単体ではそんな印象が無かった分、並べてしまったゆえの現象か?
 個人的には三つ編みに重たそうな旧型セーラー服を着、いかにも幾多の修羅場を潜り抜けてきたと言わんばかりの鋭い眼光をしたBLOOD版の小夜の方が好みだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『To Heart2』01「新しい制服」

 同じアニメ魂枠だったTo HeartRと違って一話から正規OP付き……しかもEDも付いている、と妙な所で感慨にふけったり。
 今期、他の多ヒロインものが一話からキャラ紹介のために出せるだけ出してインフレを起している傾向にあるのに対し、本作のこのみonlyという作りはある意味異色。この後、徐々にキャラが増えて絡んでいくのか、あるいはセンジャニ方式に原則一話一ヒロインで行くのかは予告を見ただけでは判別出来ず。
 シリーズ構成は、無印でヒロユキちゃんにべったりくっつき他のヒロインを悉く戦力外にしていくあかり姐さんの華麗なる策謀を描いた山口宏氏。無印最終回での志保の恋をあかり姐さんが砕いていく様は並のサイコサスペンスより怖かった記憶がある。
 もしや、今回もこのみもタカアキちゃんにちょっかいをかけてくるヒロインを悉く撃破していくというシナリオなのか? 冷徹な策士あかり姐さんも怖かったが、一見幼く天然っぽいこのみが策士だったりすると完全にサイコサスペンス……と妙な方面で期待してしまう。(前作でも山口氏はあかり姐さんを腹黒に描くつもりは無かったようなので、その意味で期待に応えてくれる可能性は大)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 7日 (金)

『かみちゅ!』12「ちいさな一歩で」

 なんとか関西地区でも終了。内容はまったりしすぎて感想を書くことが無いのだけど(ARIAほど先鋭化されたまったりじゃないし)、放送自体はゴタゴタ続きでまったりに程遠かった。
 思えば関西地区での一話は放映はロンドン爆破テロの緊急編成のために録り逃し者続出。(朝日放送はリアルタイムで番組表を更新しない)。さらに翌週は突然のお休み。最終回は阪神優勝特番でお流れになってしまい(告知無し)、振り替えで今週になるも微妙に通常の放映時間より早い(これも告知無し)という録画派には呪わ過ぎた番組だった。おまけにリアルタイムで見るには超深夜過ぎるし。
 初期の動画はたしかに凄かったものの、ストーリーやキャラに強烈な引きが無かったこともあり、関西勢で全話コンプリートした者は果たしてどれだけか?
 ただ、四時間送れの『グリーングリーン』。三日前倒しの『ストラトス4』。三時間遅れで朝の5:05から放送の『ぺとぺとさん』に並んで関西勢には呪われた作品として記憶されるだろう……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ARIA The ANIMATION』01「その 素敵な奇跡を…」

 徹底的にまったりを貫き通すというある意味過激な作り。その異色ぶりにツカミはOK。
 舞台となるネオ・ヴェネツィアの美術はかなりソフトに描かれている。これは予算不足とも取れるし、濃密な背景と鮮烈な海の青があると背景に目が奪われてまったりできなくなるため意図的にソフトにしたとも取れたり。(サトジュン監督はあまり美術にはこだわらない人だけど)
 今回目に付いたのは狂言回しのアイの存在。彼女のリアクションがサトジュン独特のテンポを維持し、まったりし過ぎるのを防いでいる。公式のキャラ紹介にも載っているくらいなので最低でもセミレギュラーだとは思えるが、設定からすると毎回登場するとは思えず、彼女が不在の時は際限無くまったりしてしまうかも?
 また、そのアイ役の水橋かおり氏。ぼそぼそと喋るアンニュイな幼女を演じるのは珍しい。(ツンデレか邪悪眼鏡が多いし)。珍しいといえば西村ちなみ氏が動物声優というのも珍しいが。ただ、台詞は鳴声だけだけどアリア社長はかなり美味しい役だ……。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年10月 5日 (水)

『魔法少女リリカルなのはA’s』01「はじまりは突然になの」

 第一話から萌える友情と燃える戦闘で全力全開。
 前作では「魔法少女」というタイトルゆえか初期の話にはやや迷いが見えたものの、今回はなのはの最大の特徴である火力、すなわち「魔砲少女」であることを前面に押し出した作り。
 魔法少女モノとしては異常、バトルものとしても高レベルな殺陣は二期でも健在。なのはが燃えアニメと成立しているのは一重によく練られ、かつ動画をケチらない殺陣のおかげ。今回のなのは対ヴィーダ戦も、半ばハンマーに振り回されるようになりながら戦うというヴィーダの戦法がユニーク。まあ、ゴスロリ服を着て、得物がハンマーという時点で既にインパクト勝ちしているわけだが。
 また、前作よりよく喋るようになり(そのためか字幕付)なのはをサポートするRH。ボロボロになりつつもプロテクションをかける様は、相変わらずの健気さで杖萌えも満足する仕上がり。
 そして、何より前作での実質的な主人公であるフェイト。
 OP・EDのなのはとの仲良しっぷりも前作ファンには感涙ものだが、前作最終回での「だから、なのはを私を呼んで。なのはに困ったことがあったら今度はきっと私が助けるから」という約束そのものシチュエーションでの登場。さらにヴィーダの「仲間か?」の問いに怒りを押し殺した声での「友達だ」とまさに千両役者。背後にいるなのはを気遣う言葉を掛けずに、じっとヴィーダを見据える様子からして、なのはを傷つけたヴィーダへの怒りの程が伺い知れる。

 第一話から大満足なのだけれど、一気に期待値が高まった分、最終回が綺麗に追われるか? という不安に襲われるのはある意味贅沢な悩みか? 前作の最終回は珠玉の出来だった故に、あれを越えるのは難しそうだけれど……。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

『アニマル横町』01「どき☆しいお友達の巻」

 部屋の中から一歩も出ない。両親は声はすれども姿は見えない。主人公あみと謎の動物たちイヨ・ケンタ・イッサ(+ヤマナミさん)だけで話を進めるという極端に先鋭的なシチュエーションコメディ。そのためにえらく人を選ぶ番組だろうに(メタネタ満載だし)、セミゴールデンで放送するという心意気に驚いたり。 (アニメでのシチュエーションコメディでは『アンドロイドアナ・MAICO2010』という前例があるが)
 最終回までこのパターンを押し通すなら伝説になれるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

『capeta』01 「リミッターをはずせ!」

 さすがは漫画原作だけあって普通に話運びが巧い。話が面白いと、絵が濃くても声優の演技がアレでも集中力が途切れない……絵は慣れるだろうし、演技は巧くなる、と願いたい。
 第一話の主軸は、父がカートに興味を持つことと、勝平太と信の軋轢。
 信は茂波に気があると勝平太が喝破するわけだがどうもピンと来ない。勝平太と茂波が一緒に居るときに牽制のために勝平太にちょっかいをかけるのはまだしも、勝平太が一人でいるときも勝平太にちょっかいをかけてくるあたり、信の手段と目的が逆転してしまっているような? さすが子供。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おねがいマイメロディ』27「柊サマになれたらイイナ!」

 マイメロ、クロミに完敗す。事態収拾後、黒音符になるというケースはしょっちゅうあったものの魔法そのものが聞かないという事は初めて。そこで泣き出すとは意外……てっきり得意の「あー、紅茶がおいしい」とごまかすと思っていたのに。たしかにマイメロのポリシーである「力で解決」が出来なくなったわけだからショックが大きいのも無理はない。
 ところで、歌・美紀・その他女子勢。キミたちは、顔と能力が同じならバッタものでも良いのか? 
 所詮、中学生の憧れ風味の恋愛感情なんてそんなもの、というマイメロ得意の毒スタンスか? 普通なら、ここで主人公の歌くらいは疑問提起をするはずなのだが、他の連中と一緒になって黄色い声をあげている辺り、猛毒危険のマイメロらしい……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ゾイドジェネシス』26「霧の河」

 功名心で先駆け争いを始める、反ディガルド連合軍は戦国時代のノリ。現代の軍閥のように勝てる戦い以外はサボタージュを決め込まれるよりはマシか?
 それをまんまと血祭りに上げるディガルド軍。無線を戦略レベルで使え、下手をすると管制制御すらしている可能性があるディガルドに比べ、近接無線しか使えない反ディカルドは一度混乱し始めると収拾が付かなくなるのは仕方が無いことだろう。(おまけに軍規も指揮系統も不整備だし)
 これで完勝しなかったディガルドの原因はザイリンのルージへのこだわり。どう考えても自分がルージと対決をするためにダムへのルートの部隊を手薄にしたとか思えない。直掩の部隊も置かず一騎打ちに拘ったのも問題。もっとも、勝因もラ・カンの策を読みきった彼の智謀にあるわけだが。ただ、肝心な所で趣味(ルージとの対決)に走って完勝を逃したのは二度目なので、やはり勝利への執念に欠けているというべきか。
 方や、ルージはザイリン毎ムラサメブレードでダムの外壁を射抜くつもりだったわけだから、「本気」の差でザイリンが敗れるのも仕方が無いことだろう。
 しかし、あそこで手を抜いたら文字通り全滅していただろうということを差し引いても、顔見知りを殺すことに躊躇しなかったルージは最近標準となっている不殺系主人公と一線を画しているということか?(刃はザイリンに直撃はしなかったものの、それはルージの意図ではないはず)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『D.C.S.S.』14「心の扉」

 今まで半放置プレイ状態だったことりがようやく話に入り始める。
 空気読みすぎのことりらしからぬ、朝倉兄が好き発言。真っ先にフォローを入れる眞子はさすがだが、まったく気が付いていない朝倉兄妹もさすがと言えばさすが。
 音夢にはああいう持って回った言い方はダメで、「音夢ちゃんはずるい!」とさくらのように真正面から喧嘩を売らねば気が付かないということか? アイシアですら気が付いていたというのに。
 そして、そのアイシアになぜか本心を吐露したことり。ここも彼女らしくないが、内心相当自棄になっていたということか? また、それを聞いたのに短絡的に行動しなくなったのはアイシアの成長の証か?
 問題はアイシアがことりに付くのかということ。アイシアは音夢に味方する義理も無いが、ことりとそれほど仲が良いわけでもないのでどうとでも転ぶ。もし、アイシアがことりの味方をすれば、音夢は二連続で魔法使いに敵対されることになるわけだが、半ば自己崩壊したさくらと違って弱味が無いアイシアにどうやって対抗するのだろう? アイシアに対抗可能な魔法使い・さくらの出番か? ただ、さくらもまた音夢の味方をする義理が無いし……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』50「最後の力」

  「主人公が裏切り者に一蹴される」というシチュエーションは歴代ガンダム初ではなかろうか?
 勝てなかった主人公ということでは0083のコウがいるが、「あのガトーと互角に戦えるまで成長した」とライバルが強すぎるため、負けても男を上げた。(その後、ニナと再会して男を下げたが)
 対して、シンが戦ったのはアスラン。ザフト脱走後はキラのリアクション要員にまで落ちぶれてしまったキャラだ。
 現に最終戦でもザコ掃討要員。ネオの様に艦隊直掩として活躍するわけでもなし、キラのように議長と対決するという役割もない。単に「また裏切った」だけのキャラとして終わってしまった。
 せめて、議長と対決するのがアスランならばアスラン自身とシンの面目は立ったかもしれないのに。
 そう、不思議なのはなぜ議長と対決するのが「議長と因縁のあるアスラン」ではなく「面識もないキラ」なのか? 脚本家の都合(脚本の都合……ではない)と言ってしまえばそれまでだが、おかげでアスランまで要らない子になってしまった。
 シリーズ序盤から終盤まで議長の問いを受けてきたのはアスランとシン。ならば、彼らのうち何れかが議長に答えを突きつけるのが常だろう。そうでなければ今まで積み重ねてきたエピソードの意味がなくなってしまう。
 キラは対レイ戦の見せ場だけで十分だったはずなのだが……特定キャラを贔屓し過ぎると話自体を壊してしまうという見本か?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »