« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »

2005年10月28日 (金)

『新必殺仕置人』01「問答無用」

 サンテレビにて放送開始。41話という長めの話だからか、比較的に恵まれている主水シリーズにしてはなかなか再放送にかかることなく、これが二度目にして十数年ぶりの視聴。

「私がいったい何をしたってんですか? 身を守るために牢破りを叩き斬った。不審な点があるから色々調べようとした。みんな当たり前のことじゃありませんか? ──私はですね。世の中の仕組みというものが人間というものが何もかも信じられなくなりました。私は、これから徹頭徹尾手抜きで行きます。仕事なんか一切しやしません。薄ボンヤリの昼行灯で結構です」
 再び「仕置人」に戻る契機となる主水の台詞はどこか悲鳴に聞こえる。
 旧仕置人一話では悪の上を行く悪となると巨悪を仕置する高揚感に溢れるやりとりと共に仕置人となったのとは対照的だ。仕置屋開業時に、頼み人の手紙を受け取らず「金だけでいいんだ……」というのもかなり悲痛な台詞だったが、ごく普通に「当たり前のこと」が行われなくなった世の中への絶望感が痛々しい。仕置人として悪を狩ってきても、世の中はマシになる所か落ちに落ちていく。
 かって主水の義弟・糸井貢は「俺たちは何をしたかって言ってるんだ。少しでも世の中良くなったか?」という問いと共に仕留人から足を洗おうとしたが、主水は徒労感と共に裏稼業へと帰っていった。もはや主水には殺ししか残っていない……。

 この一話目のポイントは「仕事」は行われていないということ。
 お兼が恨みの言葉を残して死ぬが仕置料を払っていないし、仕置人たちも「仕事」にしようとしない。(本作では「寅の会」を通さないと仕事に出来ないという制限があるが)
 主水は(挑発をしているが)あくまで正当防衛として上司・筑波を斬っているし、鉄と松は裏切り(標的である主水と接触した)を露見されないために主水狙いの仕置人たちを倒している。
 主水の親友たる鉄が主水のために危ない橋を渡るのは納得出来るが、それに付き合う松は底抜けに人が良い。高い火薬(闇ルートだからさらに高い)を使って仕置しているのに、ただ働き……。
 まあ、こんな面子だから主水は生涯二度しかない「表の顔を捨ててでも仲間を助けようとする」行為へと至るのだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

『ARIA The ANIMATION』04「その 届かない手紙は…」

 過去からの手紙パターン。あくまでも灯里は部外者と描いて、差出人や受取人に必要以上に感情移入させてないので、いわゆる「泣かせ」にならず、いつも通りのまったりムード。
 むしろ、気になるのは僅か一話ですっかりマイペースなボケキャラになってしまったアリス。灯里ラブなのはわかるが毒され過ぎ。二人きりなら灯里のペースに合わせるのも良いけれど、第三者がいる時は今まで通りツンツンしてくれた方がメリハリが出て良いと思うのだけれど。もっとも、灯里のぱんつを見て赤くなるのは良い感じなのだけれど。

 今回の和洋折衷……ソーダバーを食べるアリアカンパニーの二人+一匹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

『魔法少女リリカルなのはA's』04「新たなる力、起動なの!」

 自分の毛布をきちんとたたむザフィーラの賢いわんこぶりに吃驚。
 寝姿&寝起きのヴィータとか、学校での照れ照れ&高町家でのお座りの仕草も可愛いフェイト(このシーンは高い所が好きなフェイトがなのはに「見下ろされている」という構図が妙に面白かったり)とか、無言でオレンジジュースの取り合いをする執務官&執務官補佐とか、萌えシーンが満載だったものの、冒頭の「賢いわんこ」のインパクトの強さにはかなわない。
 わんこといえば、こいぬフォームを覚えてからすっかりわんこ暮らしが板についてしまったアルフ。高町家からの帰路の尻尾ふりふりを見ると、犬。まさに犬。それも座敷犬。

 本筋としては、治療に消極的なはやてが印象に残る。診察室を出ると直ぐに廊下側に陣取ったのも、中の話を聞かないため……というより、近寄りたくないという描写とも受け取れる。妙に後ろ向きなはやてと悲壮なまでに前向きなベルカ勢(特にヴィータ)との対比は意図的なものなのか?(何事か問いかけるヴィータにはやては首を振っているシーンも挿入しているし)

 そして、今回の一番の見せ場は相変わらず杖ズの総取り。
 なのは&フェイトの新変身シーンというより、レイジングハート・エクセリオンとバルディッシュ・アサルトの新変形シーンと言っても良いくらい。変身開始前のエイミィの「この子たちが望んだの。自分の意志で。自分の思いで! 呼んであげて、この子たちの新しい名前を!」という口上が嫌が応にも盛り上げる。
 ただ、バルがリボルバー式なのは明確なのだけれど、RHはよくわからない。ギミックと遠距離狙撃戦というなのはの戦闘スタイルからするとボルトクション式?
 それと、ベルカ式のカートリッジは市販品?(杖ズがベルカ式に必要な部品番号を指定していたし) 市販のカートリッジでも瞬間的な攻撃力を引き出せるのか、それともシャマルの違法リロードが重要なのか? 
 これらの疑問は次回で判明?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月25日 (火)

『ラムネ』03「ちっちゃなイトコと花火」

 普通に考えればあらゆる面でダメ出しをしそうなレベルなのだけれど、「七海のぽんこつ節さえ聞ければ全て良し」と思えるようになっているのが怖い。
 当然ながら今回も内容は無い。今日も今日とてバカップルがじゃれる(ヤドカニ……)。そして野良仕事。新キャラが登場したものの今のところ特に影響は無い。鉄壁のまったり……。
 それはともかく、DVDの告知CMで「なーんてね」で締めるとは……売る気があるんですか、トライネットは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『capeta』04「フルスロットル!」

 欠陥カートを僅かな実践経験から導いた合理的な技法で強引に乗りこなしていく勝平太。それだけに留まらず試行錯誤の末、ライン取りにまで気づく。
 勝平太の「天才」が身体的有利さではなく、勘の良さ(=正解へ辿りつく過程の短さ)とされているのが渋い。しかも薙げて当然の不利な状況からの驚異的な学習・応用力で巻き返すというのもまた卑怯。しかも、投げない理由がお父ちゃんやみんなで作ったカートだからというのも泣ける。
 ストーリーも演出も良く、唯一の泣き所が声優というのが最近のアニメでは異色。(子役ズはともかく大人キャラはどうにかならないのだろうか?)
 それはともかく、奈々子に激しく嫉妬している茂波……そこまでお父ちゃんラブか君は?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月24日 (月)

『蟲師』01「緑の座」

 長濱博史初監督作品。長濱氏といえば、独特のレイアウトや動と静を巧みに使いわけたアクションを駆使し、ビジュアル面から押してくるケレン味たっぷりの癖の強い演出家という印象がある。個人的には『シスタープリンセスRePure』の咲耶の回の演出(作監も)がお気に入り。
 この蟲師でも長濱氏のセンスが如何なく発揮され、とにかく画面が美しく、間の撮り方が絶妙(さらに、実は意外に動いてないのがミソ?)。さらにキャラの立て方が卑怯なくらい巧い……というか廉子ばーちゃん萌え。
 ストーリーはというと、廉子としんらの関係に微妙にインセストタブーの匂いがするのだけれど、これは原作の持ち味なのか、それともタブー志向キャラを描くのが得意な長濱氏の味か? どちらの理由にしても廉子がただの美少女ではなく色気を醸し出すことに。また、廉子役の人の硬質な声と演技も結果として味となっているのも面白い。

 一話の出来は頗る良いし、長濱監督のファンなので期待したい所なのだけれど、終わりを全うしないことがほとんどのフジ深夜枠というのが不安材料……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

『おねがいマイメロディ』30「子供にもどったらイイナ!」

 無差別魔法ならともかく、狙い撃ちされた魔法を精神力で跳ね返す柊先輩。魔法の存在を知っていて、対処法を心得ていればマリーランドの魔法は怖くないということか? おそるべきは人間のプライド……。
 今回のメイン、子供に戻る魔法からバクの面倒見の良い性格の原因が判明。あれほど苦労人の過去を持っていれば、クロミの横暴など痛くも痒くも無いというのも納得。
 また、子供に返ることで歌と美紀の仲良しっぷりも目立つ目立つ。さすが幼稚園時代にキスした間柄。奏姉や真菜の立ち入る隙無し。その真菜もバクのことを「ナスビ、ナスビ」と喜んでじゃれていたが、真菜は可愛いもの嫌いのはず。幼少期は平気だったのか、バクは「可愛くない」と判断したのか気になる所。(やっぱり後者なのだろうな……)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

『BLOOD+』03「はじまりの場所」

 翼手が見た目からして「異常」に描かれているのは仕方が無いといえば仕方が無いのだろうけれど……無印『BLOOD』冒頭で変化してない翼手を小夜が叩き斬り、その死体を見たサポートの黒服が「間違いだ、人間だった」と喚き散らし小夜にシメられる、というインパクトが強烈な引きになっていたのとは対照的。
 また、見た目は異常だけれども翼手にも人間性が残っている……というのもベタはベタだが、こういう手法を取るとどうにも迫力に欠ける。無印の異常(翼手)と異常(小夜)のせめぎ合いというドライな視点も綺麗に無くなってしまったのか?
 番宣段階から予測はしていたものの、ここまで灰汁が抜けると辛い。今のところ、見所は極めて草灯ちっくな(マスター以外どうなろうと知ったことではない)ハジの動きくらいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »